阪神尼崎(尼崎市)の歯医者・歯科・ホワイトニング
尼崎の歯医者。滝内歯科医院は尼崎市建家町の歯医者・歯科です。最新のインプラント・低価格のホームホワイトニング。ホワイトニング・小児歯科・口臭治療・虫歯治療・PMTC・一般歯科・ホームホワイトニングを行なっています。尼崎市、阪神尼崎の滝内歯科医院におまかせください。ホームホワイトニングを推奨しております。清潔・安心の滝内歯科医院は、滅菌を徹底化した歯科器具で、患者様の健康に満足のいく診療を提供し続けていきます。神戸市、西宮市、尼崎市、大阪市(九条・西九条・弁天町)なら阪神電車ですぐに来院いただけます。
一般歯科・小児歯科・予防歯科・歯周病治療・PMTC・ホワイトニング・レーザー治療・インプラント
一般歯科・小児歯科・予防歯科・歯周病治療・PMTC・ホワトニング・レーザー治療・インプラント
ホワイトニング 尼崎
インプラント 尼崎
尼崎市建家町の滝内歯科医院 当院の特長 診療内容 自費治療料金 コラム 当院について
滝内歯科医院トップページ > コラム > ちゃんと”ごっくん”してますか? 〜 嚥下機能の重要性

ちゃんと”ごっくん”してますか? 嚥下機能の重要性

■ブラッシング
・歯周病の改善に「つまようじ法」によるブラッシングを歯科衛生士が行います
・ブラッシング(歯みがき)
■定期的な歯石取りの重要性
・1.定期的な歯石取りの重要性
・2.その他の疾患
■歯ぎしり・くいしばり
・はじめに
・1.歯が磨耗する
・2.かぶせ物が繰り返し壊れる
・3.歯根が割れて抜歯になる
・4.歯槽骨が溶けて歯周炎の治療が進まない
・5.エナメル質が傷んで楔形に欠けてしまう
・まとめ
■タバコと口腔
・やめようタバコ その1
・やめようタバコ その2
・タバコが歯と口腔に与える影響
・タバコと口腔ガン
・禁煙への挑戦
■歯周病
・歯周病とは?
・歯周病の自覚症状
・歯周病の原因は?その1
・歯周病の原因は?その2
■PMTC
・PMTCとは? その1 〜 PMTCとは口の中の健康をサポートする手段です。
・PMTCとは? その2 〜 バイオフィルムが歯周病や虫歯を悪化させます。
・PMTCとは? その3 〜 PMTCの効果
・かかりつけ歯科医院を持ちましょう
■その他
・虫歯予防に歯科医院での歯のクリーニング
・周術期と口腔ケア
・歯がある人は長生きってホント?
・ちゃんと”ごっくん”してますか? 〜 嚥下機能の重要性
・お口からはじめる健康 〜 口腔ケアの必要性とは
・お口の中をチェックしよう
・やってみよう!お口のお掃除
・口腔ケア・・・こんな時はどうする?
・噛めば噛むほど若返る
・気になる口臭
・おいしく食べよう!
・らくらく口腔ケア
・歯と全身の健康 〜 口腔ケアの効果
・口腔リハビリ
・入れ歯のお手入れ
・うがい
・嚥下障害
・合う入れ歯・合わない入れ歯
・高齢者の食事
安全に食べるためには、上手に飲み込める事がポイントになります。
加齢と共に嚥下機能は低下する
私達は、ふだん何気なく水分や食べ物を飲み込んでいますが、舌やのどなどが巧みに連動して、食べ物を食道から胃の中に送り込みます。
けれども、加齢とともに物を飲み込む「嚥下機能」が低下します。
そのため、うまく飲み込めなくなったり、食べ物や水分の一部が食道ではなくて、気管や肺の一部に流れてしまう「嚥下障害」が起こることがあります。
嚥下障害になると、栄養を十分に摂取できずに栄養失調になったり、「嚥下性肺炎」などの病気にかかりやすくなったりするので、高齢者の健康を維持するためには、嚥下機能の低下を防ぐことも大切です。
<嚥下機能が低下する原因> <嚥下障害の症状チェック>
・歯が弱り、噛む力が低下 ・食べ物を飲み込みにくくなった
・唾液の量が減る ・飲み込む時に痛みがある
・あごやほお、のどなどの筋力の低下 ・食べ物がのどに詰まる
・粘膜の知覚や味覚の低下 ・食事中によくむせる
・注意力や集中力の低下 ・飲み込んだときに声がかすれる
・脳卒中や認知症による障害など ・発熱したり、肺炎や気管支炎を起こしやすい
 
嚥下のメカニズム
歯でかみ砕かれた食べ物は、唾液と混じり合って、舌の動きによって口の奥に運ばれます。
飲み込む瞬間は、食べ物が気管に間違って入らないように、無意識に呼吸を止めています。
けれども、この呼吸のコントロールがうまくいかなくなると、息が止まらずに吸い込みながら食べてしまい、誤嚥が起こります。
「安全に食べること」と「呼吸」は、とても深いつながりがあるのです。
 
嚥下のリハビリ 〜 むせることは正常な反応
むせている姿は、はたから見ていると、とても苦しそうに見えます。
けれども、「むせる」のは誤って気管の方に落ちそうになった食べ物を反射的に吐き出そうとする防御反応なので、大きくエッヘンとむせることは正常な反応です。
しかし、嚥下機能が低下すると、むせがなかなか止まらなくなったり、むせることすらできなくなったりします。
嚥下機能を維持させ、低下を防ぐためには、口腔リハビリが効果的です。
日頃から正しく上手にむせるための呼吸の練習をしておきましょう。
腹筋や背筋を鍛えることも、誤嚥の予防につながります。
 

嚥下機能の低下を防ぐことが、誤嚥の予防につながります。

リンク簡単相互リンクサイトマップ当院について
神戸市、西宮市、尼崎市、大阪市(九条・西九条・弁天町)なら阪神電車ですぐに来院いただけます。
Copyright(c) takiuchi Dental Clinic, All Right Reserved.