阪神尼崎(尼崎市)の歯医者・歯科・ホワイトニング
尼崎の歯医者。滝内歯科医院は尼崎市建家町の歯医者・歯科です。最新のインプラント・低価格のホームホワイトニング。ホワイトニング・小児歯科・口臭治療・虫歯治療・PMTC・一般歯科・ホームホワイトニングを行なっています。尼崎市、阪神尼崎の滝内歯科医院におまかせください。ホームホワイトニングを推奨しております。清潔・安心の滝内歯科医院は、滅菌を徹底化した歯科器具で、患者様の健康に満足のいく診療を提供し続けていきます。神戸市、西宮市、尼崎市、大阪市(九条・西九条・弁天町)なら阪神電車ですぐに来院いただけます。
一般歯科・小児歯科・予防歯科・歯周病治療・PMTC・ホワイトニング・レーザー治療・インプラント
一般歯科・小児歯科・予防歯科・歯周病治療・PMTC・ホワトニング・レーザー治療・インプラント
ホワイトニング 尼崎
インプラント 尼崎
尼崎市建家町の滝内歯科医院 当院の特長 診療内容 自費治療料金 コラム 当院について
滝内歯科医院トップページ > コラム > 噛めば噛むほど若返る

噛めば噛むほど若返る

■ブラッシング
・歯周病の改善に「つまようじ法」によるブラッシングを歯科衛生士が行います
・ブラッシング(歯みがき)
■定期的な歯石取りの重要性
・1.定期的な歯石取りの重要性
・2.その他の疾患
■歯ぎしり・くいしばり
・はじめに
・1.歯が磨耗する
・2.かぶせ物が繰り返し壊れる
・3.歯根が割れて抜歯になる
・4.歯槽骨が溶けて歯周炎の治療が進まない
・5.エナメル質が傷んで楔形に欠けてしまう
・まとめ
■タバコと口腔
・やめようタバコ その1
・やめようタバコ その2
・タバコが歯と口腔に与える影響
・タバコと口腔ガン
・禁煙への挑戦
■歯周病
・歯周病とは?
・歯周病の自覚症状
・歯周病の原因は?その1
・歯周病の原因は?その2
■PMTC
・PMTCとは? その1 〜 PMTCとは口の中の健康をサポートする手段です。
・PMTCとは? その2 〜 バイオフィルムが歯周病や虫歯を悪化させます。
・PMTCとは? その3 〜 PMTCの効果
・かかりつけ歯科医院を持ちましょう
■その他
・周術期と口腔ケア
・歯がある人は長生きってホント?
・ちゃんと”ごっくん”してますか? 〜 嚥下機能の重要性
・お口からはじめる健康 〜 口腔ケアの必要性とは
・お口の中をチェックしよう
・やってみよう!お口のお掃除
・口腔ケア・・・こんな時はどうする?
・噛めば噛むほど若返る
・気になる口臭
・おいしく食べよう!
・らくらく口腔ケア
・歯と全身の健康 〜 口腔ケアの効果
・口腔リハビリ
・入れ歯のお手入れ
・うがい
・嚥下障害
・合う入れ歯・合わない入れ歯
・高齢者の食事

よく噛むと、脳への血液循環がよくなり、脳の老化を防ぎます。

噛むことには様々な効果がある

食べるときに無意識に行っている「噛む」という行為には、消化を促進するだけでなく、様々な効果があります。
全身を活性化させ、健康な体を維持するために、とても重要な働きをしています。
<噛むことの8つの効果>
1.胃腸の働きを促進する
よく噛むことで唾液中の消化酵素の分泌がさかんになり、細かくかみ砕けば胃腸への負担を和らげます。
2.むし歯、歯周病、口臭を予防する
しっかり噛むことで唾液の分泌が増え、唾液の抗菌作用によって口の中の清掃効果が高まります。
3.肥満を防止する
ゆっくりたくさん噛むことで満腹感を感じるようになり、食べ過ぎを防ぎます。
4.脳の働きを活発にする
噛むことで脳への血流が増加し、脳を刺激して働きを活発にするために脳の若さを保って老化を防止します。
5.全身の体力の向上
よく噛むことで全身に活力がみなぎり、体力が向上します。
6.味覚が発達する
よく噛めばじっくりと味わうことができ、味覚が発達します。
7.発音がはっきりする
口のまわりの筋肉が発達し、言葉の発音もはっきりします。
8.がんを予防する
唾液に含まれる酵素には、食品中の発ガン物質の発ガン性を抑制する効果があると言われています。
 
噛むほどに老化を防止する
◆噛んで認知症を予防する!?
認知症の高齢者を対象としたある調査では、重度の認知症の人ほど口の中の状態が悪く、ちゃんと噛むことができない状態が目立ったと報告されています。
ほかにも、歯のない人や、入れ歯を使ってない人など、噛むことになんらかのトラブルがある人には、痴呆の症状が多いという結果が出ました。
よく噛むことは脳の働きを活発にすることがわかっていますが、認知症を予防する効果につながるのではないかと期待されています。
◆噛むことが転倒防止につながる
噛むことは全身の運動にも大きく関わっています。
立ち上がるときや重い荷物を持ち上げるとき、歯をぐっと噛みしめることで力を出しています。
また、入れ歯をつけているときは、歩くリズムが安定しているのに、入れ歯をはずすと踏ん張りがきかなくなって、つまずきやすくなるとも言われています。
◆いくつになっても自分の歯でしっかり噛もう
長寿大国日本では、平均寿命は世界でトップクラスですが、歯の寿命となるとまだまだなのです。
永久歯の数は(親知らずは数えない。)、上下合わせて28本ですが、80歳になっても20本の歯を保ち、一生自分の歯で食べようという「8020運動」が提唱されています。
自分の歯が20本残っていれば、しっかり噛むこともできます。
よい歯でよく噛むことが、健康な体づくりにつながります。
そのためにも、口腔ケアはしっかり行いましょう。
 
上手に噛むためのリハビリ
よく噛んで食べるためには、歯だけでなく、舌やほおの動きも大事です。口の中で食べ物は舌によって奥歯に運ばれ、上下の歯の間でうまく噛めるように舌とほおが両脇から支えます。
日頃から舌とほおのストレッチをして、、しなやかに動くようにしておきましょう。
また、首や肩の筋肉が緊張していると口の動きも悪くなるので、首の運動でリラックスさせると、舌やのどの動きがなめらかになります。
 

よい歯でよく噛んで、健康と若さを保ちましょう。

リンク簡単相互リンクサイトマップ当院について
神戸市、西宮市、尼崎市、大阪市(九条・西九条・弁天町)なら阪神電車ですぐに来院いただけます。
Copyright(c) takiuchi Dental Clinic, All Right Reserved.